FIKA

FIKA

~夢のある子育てを支援するプロジェクト~

過去のFIKA活動

FIKAカンファレンス2017 FIKA×ブリキッ

FIKA登録開始

☕️FIKA会員登録を開始しました

NEW / お知らせ

いよいよ明日から ☕️FIKA (フィーカ)カンファレンス開催 興味の...
過去のFIKA活動
お手伝いの薦め
お手伝いの薦め
お手伝い① パンツは洗っていますか? 東京大学先端...
Read More
明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願...
Read More
FIKAカンファレンス 2日目
☕️FIKA (フィーカ)カンファレンス 昨日から...
Read More
FIKA カンファレンス 2017 in 京都
FIKA カンファレンス 2017 FIKA カン...
Read More

NEW / お知らせ

☕️FIKA (フィーカ)カンファレンス開催
興味のある方もそうでない方も新しい発見がきっとあります。普段悩んでいることや考えていることを話し合いませんか?
FIKA カンファレンス 2017 in 京都[日時] 2017年12月1日(金)~ 12月3日(日)

12月1日(金)10:30-16:00(10:00受付開始)
12月2日(土)  9:20-16:30(9:00受付開始)
17:00-19:00(イブニングセッション)
12月3日(日)  9:00-16:00(8:30受付開始)

[場所]  国立京都国際会館
〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池

2017年12月1日(金)プログラム
2017年12月2日(土)プログラム
2017年12月3日(日)プログラム

今年のメインテーマは「表と裏」。

表は明るいイメージがあり、裏には暗いイメージがつきものですが本当にそうでしょうか。表裏は任意に決まるものであり、実は決して固定的なものではありません。しかし、表が絶対だと思っている人はなかなか裏を見る機会がありません。それが問題を固定化し、変化を止めていることもあります。案外、表と裏をひっくり返せば子育ての本質が見えてくるかもしれません。

2017年12月1日(金)
学習に困難を抱える子どもを取り巻く様々な子育てや教育の悩みを、ICTとコミュニケーションを組合わせて考える一日。
保護者セミナー・子どもセミナー・教師セミナーを行います。

2017年12月2日(土)
世界で活躍するトップランナーと共に、様々な視点から子育てや未来を表と裏から見て議論していきます。
セミナーと並行して企業展示でも「表と裏」を体験してみてください。

2017年12月3日(日)
日々の家庭や学校で実践できる知識や考え方を学ぶ一日。
視点を変える一日として、アーティストの鈴木康広さんと一日美術館へ出向くツアーもあります。

 

 

FIKA (フィーカ)とは?

核家族化、保育所の不足、画一的な教育、経済的問題など、子どもを産んで楽しく育てることが大変になってきています。また、忙しく働く中で、子育てを取り巻く様々な相談をどこにしていいかわからない方もいます。FIKA(フィーカ)は、そういった悩みを多くの人と共有し、ICTとコミュニケーションを組み合わせて解決に導くことを目的に企画されました。

スウェーデンで「FIKA(フィーカ)」とはお茶の時間、ちょっとしたコーヒーブレイクの意味。友人や家族、同僚とゆったりとした会話を楽しむ素敵な習慣です。子育ては大変なこともありますが、楽しいものでもあります。全ての親御さんや子どもを支える方々がそう思えますように。悩みを抱えたお父さん、お母さん、そして子どもたちを取り巻く全ての方々のご参加をお待ちしております。

FIKAは、20年にわたりATAC(エイタック)を企画してきたatacLabが始める新しいプロジェクトです。ATACは、支援技術(AT:Assistive Technology)とコミュニケーション技術(AC:Augmentative Communication)をキーワードに社会で困っている人の生きるチカラを支える会です。


ATACの詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.atacconf.com/index.html

☕︎プログラム詳細を更新しました

 

代官山 蔦屋書店 鈴木康広×中邑賢龍トークショー&サイン会

代官山 蔦屋書店    ※終了いたしました
鈴木康広×中邑賢龍トークショー&サイン会

 

「もののみかた かんじかた とらえかた」を自由に発想できれば、人生を豊かにできる!身近なものを使って遊び心のある作品を発表し、多くの人を魅了し続ける注目の現代アーティスト・鈴木康広氏と、異才発掘プロジェクト、 通称「ROCKET」率いる東京大学先端科学技術研究センター教授・中邑賢龍氏のスペシャル対談を開催します。
鈴木康広さんの新刊絵本『りんごとけんだま』、中邑賢龍先生の近著『育てにくい子は、挑発して伸ばす』の製作秘話をはじめ、 中邑先生がディレクターを務め、鈴木さんが研究員として携わる、異才発掘プロジェクト・ROCKETでのエピソードなど、 現場の最前線で活躍されるおふたりが、これからの子どもたちの個性を育むために何ができるか、 未来の可能性を語りつくす2時間です。トーク終了後、代官山 蔦屋書店でご購入いただいた鈴木 康広さん、中邑賢龍さんの本を お持ちになった方を対象に登壇者サイン会も開催されます。
貴重な機会ですのでぜひご参加下さい。
【参加条件】
イベント参加チケット(¥1,500/税込)をお買い上げいただいたお客様【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
・店頭(1号館2階 キッズフロア)
・お電話 03-3770-2525(キッズフロア)
・オンラインストア【対象商品】
イベント参加チケット(¥1,500/税込)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前からで入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
鈴木 康広(すずき やすひろ)
アーティスト。1979 年、静岡県生まれ。2001年、東京造形大学デザイン学科卒業。日常の見慣れたものを新鮮な感覚でとらえ直す数多くの作品を制作。代表作に「ファスナーの船」「まばたきの葉」「空気の人」「りんごのけん玉」などがある。2014年には水戸芸術館で個展を開催。2016年、「ロンドン・デザイン・ビエンナーレ2016」に日本代表として公式参加。2017年、箱根彫刻の森美術館で個展を開催。
作品集に『まばたきとはばたき』、『近所の地球』(ともに青幻舎)、絵本の作品に『りんごとけんだま』、『ぼくのにゃんた』(ともにブロンズ新社)などがある。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。

中邑 賢龍(なかむら けんりゅう)
1956年、山口県生まれ 東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野教授。
異才発掘プロジェクトROCKETなどICTを活用した社会問題解決型実践研究を推進。著書に『バリアフリー・コンフリクト』(東京大学出版会)、『タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育』(明治図書)などがある

鈴木康広さんのWEBはこちら

http://www.mabataki.com/news/?id=2781