プログラム | 12月6日(金) ATAC特別セミナー     10:00 – 16:30(10:00受付開始) 

12月6日 ATAC特別セミナー | 12月6日 FIKAカンファレンス | 12月7日 Gathering Day | 12月8日 Practical Day


少人数でじっくりと学ぶシリーズ:2講座(定員:各30名)

セミナー1「知的障害の支援から能力を考える」 講師:中邑 賢龍東京大学先端科学技術研究センター 教授)
知的障害は知能指数で語られることが多いが、同じ知能指数であっても会ってみると能力に大きな違いがあることも多い。知的障害があってもICT機器を活用して能力を高める人も増えている。平成30年度障害者白書によると子どもの障害人口で見ると、身体障害児7.1万人に比して知的障害児の数は22.1万人と約3倍を占める。小中学校で通級指導を受けている発達障害児の数4.2万人と比べてもその数ははるかに多いにも関わらず、知的障害に対するステレオタイプ的支援は昔と変わらず、知能検査で知的障害を語る限り今後も大きな変化は期待できない。知的障害に対する新しい見方が必要であり、ここでは知的障害を知能指数ではなく日常生活行動という観点から知的障害を俯瞰し、AIやロボット時代の教育や就労のモデルを提案する。

対象:知的障害の特別支援学校や福祉施設の関係者および、子供の能力について深く学びたいと考える方々

プログラム
・知的障害の多様性を理解する
・知的障害は知能検査テストで決められるか?  知的障害と行動の乖離
・知的障害の教育と就労制度の限界
・裸能力と矯正能力  ICTを活用した学び
・福祉就労と一般就労以外の働き方 プロディースの力

参加費:25,000円(昼食・お茶・資料代含む)
定 員:各30名
日 時:2019年12月6日(金) 10:00 – 16:30


セミナー2「学習と就労の合理的配慮を理解するワークショップ」 講師:近藤 武夫東京大学先端科学技術研究センター 准教授)
障害者差別解消法が施行され合理的配慮という言葉が聞かれるようになってきた。障害があれば自動的に配慮を受けられるように受け取る人も多く、様々な場所で混乱が起きているが、配慮を必要とする当事者の意思表明や、具体的な個別対応が重要だとされていることを知る人はまだ多くない。ここでは様々な事例を通じて合理的配慮の考え方を具体的に学ぶ。

対象:障害当事者やその家族、障害者を受け入れている学校、福祉、医療機関や企業の担当者

プログラム
・障害者運動と権利擁護
・合理的配慮とは何か?
・学校や職場のテクノロジーの活用と環境調整とは?
・合理的配慮の事例
・事例を題材としたワークショップ

参加費:25,000円(昼食・お茶・資料代含む)
定 員:各30名
日 時:2019年12月6日(金) 10:00 – 16:30


12月6日 ATAC特別セミナー | 12月6日 FIKAカンファレンス | 12月7日 Gathering Day | 12月8日 Practical Day