プログラム | 12月7日(土) Gathering Day     9:30 – 16:30(9:00受付開始)

12月6日 ATAC特別セミナー | 12月6日 FIKAカンファレンス | 12月7日 Gathering Day | 12月8日 Practical Day


メインセミナー「素材を楽しむ」

皆で集まりこれからの社会を議論し,整理する1日

現代社会の子育て・教育・人材養成はどれをとっても人を社会や自分達に都合が良いように変えていく作業になっています。その中で起きる軋轢は、場合によっては、家庭、学校、社会の問題に結びついており、そこで生まれた不適応に対して、さらに治療教育が行われ、時には薬が使われますが、思ったように効果が上がらず、さらに問題を深刻化するケースもあります。相手を力づくで社会に必要な形に変えていくよりも、まずは相手の得意な部分を見出して、それを活かす場を創る方が、お互いにストレスもなく、信頼も生まれます。例え社会の期待や標準的とされるものになってなくても、その姿を認めて楽しむことができたらどれほど素晴らしいでしょうか?まずは、私たちの考えを柔軟に変えていく力が求められるような気がします。この日は異なる分野のスピーカの話の根底にある共通の流れに気づいていただけるはずです。

・「料理を楽しむ」 土井 善晴(料理研究家・フードプロデューサー) 目の前の素材を美味しく料理する土井氏の考え方とは?
・「空気を楽しむ」 鈴木 康広(アーティスト) 空気を素材に様々な作品を生み出す鈴木氏の考え方とは?
・「凸凹を楽しむ」 中邑 賢龍東京大学先端科学技術研究センター 教授) 異才発掘プロジェクトに集まるユニークな子ども達とどう付き合い、それぞれと楽しんでいくのか?
・「課題解決を楽しむ」小田健児氏(クリエイティブ・プランナー) 広告クリエイティブは、課題を分析し、解決するための物語を構築する作業。課題解決を楽しむ多様な視点とは?
・「自分を楽しむ」 高梨智樹氏(ドローンパイロット) 自分の特性を見出し、どう夢を実現していくのか?
・対談「素材をプロデュースする」 土井 善晴 × 鈴木 康広 × 中邑 賢龍


◆企業展示およびポスターセッション・相談会
◆土井善晴氏(料理研究家)と素材を味わいながら考える食事学(少人数制・仮題・別料金)


12月6日 ATAC特別セミナー | 12月6日 FIKAカンファレンス | 12月7日 Gathering Day | 12月8日 Practical Day